「パソコン修理」カテゴリーアーカイブ

パソコンの記憶装置の種類が枝分かれしている

もう、パラレルATA(IDEとか、ATAPIと呼んでいた)のハードディスクを見ることは、ほとんどなくなりましたが、逆に細かい企画の記憶装置が多くなってきているように思います。

大きくは、SSD(半導体の記憶装置)とHD(ハードディスク)に分かれますが、

サイズとしては大きく2種類。3.5インチと2.5インチ幅のもの。それ以外にもっと小さい1.8インチなどもあります。

ハードディスクは、2.5インチ規格でいろいろ種類が増えています。厚さが9ミリのものが多かったのですが、7ミリとか12ミリのものもあります。9ミリに7ミリ厚は入りますが、その逆は入らない場合が多いです。パナのようにもともと9ミリ厚がついているけれども、12ミリまではいるパソコンもあります。東芝とか、Seagateなどは、半導体メモリを多く積んだハイブリッドタイプもあります。

3.5インチのデスクトップサイズは、容量の増加が進んでいます。現在12T(テラ)のハードディスクも販売されています。市販パソコンについているのは、現在2Tくらいまでついてい要るのではないでしょうか。単体でハードディスクを交換する場合、価格的には1-6テラ位が一般的かと思います。

SSDは種類が大きく3種類。2.5インチサイズのSATA、サイズもコネクタも異なるmSATA、mSATAとよく似た名前で形の違うmicroSATAなどなど。最近は最低限普通に使える160ギガくらいが手ごろな価格になってきました。あまり大量に保存しないのであればSSDに変えると劇的にパソコンの動きが速くなります。

いかがでしょうか?

 

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

イギリスからお送りする、お手頃価格のレザーアクセサリーショップ Fred N’Mates

ハードディスクを大きくする

パソコンに写真を保存していますでしょうか?

スマートフォンを使うようになって写真の量が半端なく増えた方も多いと思います。

SDカードのまま保存するとか、iCloudに保存するなどいろいろな保存の仕方があると思いますが、

ベースはやはりパソコンかなと思います。大きな画面は加工したりするのにも有利です。

ただハードディスクの容量が小さい場合、いっぱいになる場合があります。

健康なパソコンのハードディスクを交換するのは比較的簡単にできます。

容量の足りない方は一度ご検討いただけたらと思います。

【阪神高速の写真】
阪神高速11号池田線の川西あたりでは、龍になっています。

龍の目の方向を写真に撮りました。

側壁にうろこがあって・・・その先・・・あかりとあかりの間にななめになった眉と丸い目玉が・・・みえるでしょうか?



起動しないノートの修復

起動しなくなったノートパソコン、修復してとりあえず起動するようになりましたが、ディスクのエラーがいっぱい・・。

新しいハードディスクにコピーして、

コピーするとまた起動しなくなったので、また修復。

最低限動いている状態。今回は初期化しないということで、これで使う予定。ハードディスクを交換して、起動は早くなりました。

ネットも使えるし、Officeも使えるので通常作業は行けそうです。



いつも使っているPCが起動しなくなった

いつも使っている、パソコン工房の8年目になるデスクトップパソコンが起動しなくなりました。

ハードディスクの修復が必要そうです。

とりあえず、今日はノートPCに

無線キーボードとマウスをつけて、

外付けの画面をくっつけて使い始めました。

使っている限り、デスクトップパソコンと何ら変わりありません。

これはこれで新鮮な気分で・・・。



パソコンが起動しないX2台

今回のパソコンは、電源を入れると画面が明るくなるのですが、何も表示されません。

ハードディスクを外して確認すると、VOL情報も、ファイルの情報も消えかかっています。とりあえずバックアップを取って、別のハードディスクに落として、Disk修復、起動設定修復などをやり、とりあえず起動できるようになりました。

もう一台のパソコンは、中古で購入したかなり古いもので、起動中にすべて止まります。こちらのほうは、ハード部分の修復が必要、かつかなり古いということで、ハードディスクのデータのみ抜き出して、USBメモリでお渡し、新しいパソコンを購入ということでした。中古パソコンを含めて、塾で購入のサポートをすることも可能です。