パソコンの記憶装置の種類が枝分かれしている

もう、パラレルATA(IDEとか、ATAPIと呼んでいた)のハードディスクを見ることは、ほとんどなくなりましたが、逆に細かい企画の記憶装置が多くなってきているように思います。

大きくは、SSD(半導体の記憶装置)とHD(ハードディスク)に分かれますが、

サイズとしては大きく2種類。3.5インチと2.5インチ幅のもの。それ以外にもっと小さい1.8インチなどもあります。

ハードディスクは、2.5インチ規格でいろいろ種類が増えています。厚さが9ミリのものが多かったのですが、7ミリとか12ミリのものもあります。9ミリに7ミリ厚は入りますが、その逆は入らない場合が多いです。パナのようにもともと9ミリ厚がついているけれども、12ミリまではいるパソコンもあります。東芝とか、Seagateなどは、半導体メモリを多く積んだハイブリッドタイプもあります。

3.5インチのデスクトップサイズは、容量の増加が進んでいます。現在12T(テラ)のハードディスクも販売されています。市販パソコンについているのは、現在2Tくらいまでついてい要るのではないでしょうか。単体でハードディスクを交換する場合、価格的には1-6テラ位が一般的かと思います。

SSDは種類が大きく3種類。2.5インチサイズのSATA、サイズもコネクタも異なるmSATA、mSATAとよく似た名前で形の違うmicroSATAなどなど。最近は最低限普通に使える160ギガくらいが手ごろな価格になってきました。あまり大量に保存しないのであればSSDに変えると劇的にパソコンの動きが速くなります。

いかがでしょうか?

 

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

イギリスからお送りする、お手頃価格のレザーアクセサリーショップ Fred N’Mates

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.