「Microsoft Office」カテゴリーアーカイブ

Outlook2016で迷惑メール対策の件

MicrosoftのOutlook2016にも迷惑メール対策がついています。

初期状態では、「迷惑メールの自動処理なし」になっています。

場所は、Outlookの「ホームTab」の「削除」グループの「迷惑メール」ボタンです。

開けた画面で上部左端の「オプション」画面の

メニューで選択可能です。

低:迷惑メールであることが明らかなメール

高:ほとんどの迷惑メール(間違っていく可能性もあるので、時々チェックが必要)

海外からのメールは同じ画面の右端「インターナショナル」でも防ぐことができるかもしれません。

 

まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML

ENEOSカード

エクセルファイルをダブルクリックで起動できなくなった

サフィックスの設定は正しく設定できているのに、Excelがうまく起動しなくなりました。

Excelの起動画面がExcel365 になっていますが、関連はExcel2016です。

設定「歯車」から、アプリの一覧を開いて、Officeを選択して、

変更から、クイック修復を選択します。

今回は、それでファイル連携の以上は直すことができました。

シクラメン・・・まだ咲いてます。



Excelで契約書づくり、Wordでチラシ作り

Excelで契約書類などを作成のお客様。以前一度作成して、データをなくしてしまったということで、作成しました。

こういう場合、だいたいの場所に、先に文字だけ打っておくと作成がスムーズです。

文字さえ入っていれば、あとは形を整えるだけですね。

細かいことにこだわらなければ、1-2時間で作成することができます。

Wordではチラシ、ポスターなどが作成できます。

MicrosoftOfficeには、チラシ作り用のPublisherというソフトがありますが、Professionalにしかついていません。ということで、ほとんどの国産パソコンに付いているWordを使うほうが多くなります。

Wordで作成する場合、用紙サイズなどを先に決めて、あとは、わかっている文字を先に打って、上(上部)から作成していきます。Wordの場合、上の方でオブジェクトを動かすと、下のほうが壊滅状態に陥ります。ということで、必ず上の方から作成していきます。

飾りやオブジェクトの多い、ややこしい文書を作る場合、必ずバージョン管理しておきましょう。Wordで壊れると元に戻れなくなることがあります。その場合、以前のバージョンを持っておくと被害が少ないです。

作成したチラシなどは、pdf化しておくと、印刷会社にそのまま印刷依頼することができます。引き延ばして、A2,A1などの大きなポスターを作ることも可能です。