車のスマートキーが狙われている・・・

最近よく記事になっていますが、リレーアタックというやり方でスマートキーが狙われることがあるそうです。スマートキーは弱い電波を発信して、車の近くにキーがあるかどうかを確認します。キーがある場合はロックを開けたり、エンジンをかけたりすることができます。

ただ、キーから出る電波を受信して、別の機械に送信して、その受信機がキーと同じ電波を発するようにできるそうです。

二人一組で、車のキーを持つ人に近づいて電波を受信して、車の近くで待機している人がその電波を受信して、あたかもきーたぎ宅にあるように見せるそうです。その場合、ロックも明けることができ、エンジンもかけることができます。ただ、キーがないため、移動後エンジンをかけることはできなくなるようです。

(盗難後、部品にするのであれば、エンジンが止まるのはあまり関係ないかもしれません。)

対応策としては、電波遮断ポーチなどにキーを保管することによって防げるそうです。

それと、TOYOTA車で2017年に新発売された車は対応策をとっているそうです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.