「ソフトウェア」カテゴリーアーカイブ

タチの悪いウィルス拡散中・・

ランサムウェアというタイプのウィルスがメール等を経由して入ってくるようです。

ランサムウェアは、感染するとパソコンのファイルを暗号化していき、読めなくしていきます。「読みたい場合はお金を払え」ということのようです。もちろんウィルスですからお金を払ったら読めるようになるかどうかは「??」です。

ネットにつないでいるパソコンはとりあえずWindowsUpdateを最新の状態にしておいたほうがよさそうです。

もうサポートが切れた、WindowsXP、Vista等でも今回は特別に対策が出されているようですので、まだ使っている人はチェックしてみてください。

マイクロソフトの上記に関連する情報

 

 



マイクロソフト、「Windows 10 Fall Creators Update」を2017年後半に提供だそうです

マイクロソフトは、開発者向けカンファレンス「Build 2017」において、「Windows」の次期メジャーアップデートとなる「Windows 10 Fall Creators Update」を2017年後半に提供すると発表したそうです。

3月より提供開始した「Creators Update」に続く、メジャーアップデートです。マイクロソフトのクラウド間で人々や会話、プロジェクト、コンテンツの連携を支援するインテリジェントな枠組み「Microsoft Graph」によって、Windows、iOS、Androidデバイスを横断したシームレスな体験を得られるそうです。

具体的には、ユーザーが以前の作業を視覚的に表示し、ファイル、アプリ、Webサイトをさかのぼれる「Timeline」、接続したデバイス間ですばやくコピー&ペーストでき、デスクトップからスマートフォンにコピーすることも可能な「Clipboard」、クラウド内のファイルをダウンロードしたり、特定デバイス上のストレージスペースを使用せずにアクセスできる「OneDrive Files on Demand」を搭載。さらに、「Cortana」によって、Windows、iOS、Androidデバイスのどこからでも、作業を中断した箇所から開始できるということのようです。

加えて、写真と動画を活用する新たな方法として「Windows Story Remix」も提供。AIとディープラーニングを活用して、写真と動画を整理してストーリーに変換し、「Microsoft Graph」によって、デバイス間でユーザーを結び付ける。日記、写真、動画を組み合わせて、サウンドトラック、テーマ、トランジションなどを駆使したストーリーを作り出すのが特徴だ。そうです。

AI技術をどんどん搭載しているような・・・気がします。と同時にどんどん重くなるような気もします。

出典http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0310/id=64578/

 



今日は6時間授業・・・

今日は6時間授業でした。

Officeのインストールから、スマホの写真整理、

大きなファイルの受信、送信方法、Excelでの組織図、Excel基礎の授業、Wordの使い方など、

基本的なものから、ニッチなものまでいろいろでした。

少しでも疑問点が解消できればと思います。

最近思うことは、パソコンのハードディスクがネックになっているということ。パソコン起動から30分くらいは、ハードディスクが100%になっていることが良くあります。マイクロソフトがハードディスクの読み書きを多く使う仕組みにしたのか、パソコン起動時にはSSD以外では劇的に遅く、重くなっているように思います。SSDまたはハイブリッドHDの時代かな。



AI(人工知能)はデータらしい・・・

Googleが開発しオープンソースとして公開した、人工知能のソフトウェアライブラリを2017年2月15日に発表しました。

(オープンソースということで誰でも使えるのでしょう・・・たぶん)

Googleは、人工知能のソフトをオープンソースとして公開しましたが、データは自分だけのもののようです。

膨大な地図データや自動翻訳、コンピューターとおしゃべりしたいろいろな情報、など、データベースとして蓄積しています。

Googleは、AIはどうも、プログラムから導き出せるのではなく、たくさんのデータから導き出せると考えているようです。

・・なんかわかるような気がします。昔、自動翻訳(文字から文字、文章から文章に置き換える)をどれだけやっても、結局は慣用句、言い回しなど、その時々の情報で変わることが多く、うまく翻訳できなかった。すべての言い回し、文章、言葉を持っていると、正しく翻訳できる・・・ようになる。

ということで、今、どこの会社もデータを集めています。Facebookやアマゾン、Google、Yahooなどいろいろな企業がいろいろな大量の情報を集めています。(アンケートや会員登録もデータ収集の一環ですね。)

たぶんGoogleなど、ネットの中を嘗め尽くして多くのホームページなどからたくさんのデータを集めて、データからルールを導き出そうとしているのでしょう。

写真もデータとして判断される時代になってきています。

誰と誰が友達、だれがどんな趣味がある、だれが何を買う、どんな情報を発信している、どんな色が好き、形が好き、など、本人すら認識しない情報を集めて、データ分析して、新たなルールとか流行とか、指向などを見つけているような気がします。

Google曰く、AIが人間にとって代わられることはないようですが、今でもパソコンの画面設定など、ちょっとづつ違ったものになっているように、AIを使っていろいろなものが、一人づつ全く違った対応の仕方をするようになるかもしれません。

・・・さて、どうなっていくのでしょう。

 



パソコンのチューニング・・

今日はWindows7 PC のチューニング。遅いとのこと

1.不要ソフトの削除(RegCleanProなど・・)

2.WindowsUpdateの実施

3.Javaの更新

4.IEの初期設定の変更

5.IEアドオンの整理、削除

6.スタートアップの削除、整理

7.プロセスの確認、停止

8.デフラグ、不要ファイル削除

9.セキュリティソフトの確認、変更

などなど・・・。

今回、セキュリティソフトが2つ入っていた・・・ので、一つ削除(動いていたほうが不思議なくらい)。

ということで、少しは速くなったかも。

メモリーをもう1ギガ加えると、かなり早くなるかも。



ホームページの印刷2

画面表示をきれいに印刷しようとすると、InternetExplorer、Edge、Chrome、FireFox、Sleipnirで比べてみると、

今のところ、一番的確に印刷できるのはSleipnirのようです。

Sleipnirは、それほど速くはないですが、見た目もちょっと変わったブラウザーです。画面の上部に開いている画面が小さく出てきます。画面を遷移するときに便利です。構成なども、マックっぽくてなかなかきれいに表示することができます。

良かったら使ってみてください。

 



ウェブ画面の印刷について

インターネットのホームページを見ていて、印刷したくなることがありますが、なかなか思うように印刷できないことがあります。

背景が消えていたり、

画像が消えていたり、

改ページで画面が崩れたり、

右側がはみ出して消えてしまったり、

インターネットを見るツールによっても変わります。

InternetExplorer、MicrosoftEdge、GoogleChrome、MozillaFirefox、Sleipnir、Opera、Lunascapeなど、いっぱいあります。

世界的に使用者の多いのはGoogleChromeと言われています。比較的軽く動きます。

Sleipnir, Lunascape は日本人が開発しています。

FireFox、Sleipnirなどは印刷が比較的きれいに出ます。

いろいろと比べてみてください。