「ソフトウェア」カテゴリーアーカイブ

メルマガ2017年1月号

メルマガ
遅くなりましが、あけましておめでとうございます。
最近の情報について書きます。
●最近のWindows10について
Windows10の評価は二分されているようです。
Windows10の動きを見ていると、いろいろと癖があるようです。
その癖とうまく付き合っていくと悪い点も気にならなくなるかもしれません。
1.起動直後がやたらと遅い
 起動は早いが、起動直後「何かをしている」Windowsは遅いです。ハードディスクのアクセスが100%状態になり、何かを起動してもかなり遅くなります。体験的なものですが、30分くらいするとハードディスクのアクセスが落ち着いてきます。そのあとでは、普通に使うことができます。
ということで、現時点では、パソコンの電源を入れて30分くらいはパソコンの好きにさせておく。そのあと使う。がおすすめです。(Updateで変わる可能性があります。)
2.WindowsUpdateがいろいろな悪さをするようです。WindowsUpdateは入ってくると、動作が不安定になることが多いです。ネットが切れやすくなったり、出てくるべき画面が出てこなくなったり・・・。
その場合はSHIFTを押しながら「シャットダウン」させてください。動きが安定してくると思います。
なお、通常のシャットダウンと「シフト+シャットダウン」は違います。通常のシャットダウンでは起動の際は、高速化のためにシャットダウン時の設定を覚えていて、起動時にそれを使うようになります。従って、調子の悪い情報も覚えていることになり、調子よくならないことがあります。SHIFT+シャットダウンは起動時にリセットするため、最新の状態で起動します。
3.32ビットのWindows10はそろそろ限界かもしれない。32ビットのWindowsではメモリーを3.2ギガ程度しか使えません。私の使っているデスクトップでは、メモリ使用率が70%以上になっています。64ビットが標準の時代になってきています。変えられるなら、64ビットにしていってください。
4.ここ7年くらいは処理速度が大きく向上していることがないように思います。省エネということで、電力を使わない方向には進んでいますが・・・。大きな変革はいつ来るのでしょうか・・・。
●マイクロコンピューターがおもしろい
 昨年ソフトバンクが英ARM社を3.3兆円で買収する話がありました。ARMはかつて任天堂のゲーム機のCPUを作り、今はiPhone、AndroidのCPUを作っています。また、内蔵用CPUも作っています。作っています・・・と言ってますが、実際は設計のみで、製造は韓国とか、台湾の会社で行っています。2015年度でモバイル向けで150億個、将来のIoT(物のインターネット化)向けも入れると400億個作っているといわれています。
最近は、テレビなどの家電も、車も、電気製品のすべてがインターネットにつながるようになる可能性があります。(これがいいか悪いかという問題は別にありますが、)今後方向としては、(便利であるため)電気製品はどんどんインターネットに接続されるようになると思われます。その時のCPUの8割がARMで、ソフトバンクが抑えているとなると、利益ははかり知れないものがありますね。
塾ではロボット教室もやっていますが、近い将来IoTの時代に、安全かどうか?、つながっているかどうか?などのコンピューター、ネットワークなどの基礎知識が必要となります。ロボット教室は、その基礎の基礎であると思っています。
本来、ロボット教室は、モノづくりの基礎の底上げ、できる人の押し上げに役立つといいなと思っています。今、電子工作、プログラミングのアイデアを持っている人、やりたい人は、非常に安いハードを使って、ネットでいろいろな情報を収集してパソコンの中で作り上げることができます。
小学生でも中学生でもアイデアがあり、情報収集する力があればかなりのことが可能です。英語など語学の力があれば海外の情報も調べて自分のものにすることができます。
アイデアのある人、やる気のある人には楽しみな時代ですね。



調子が悪い時のシャットダウンは、Shiftを押しながら・・・・

Windows8以降のパソコンでは高速スタートアップによる起動の高速化を行っています。

これはシャットダウンの時の状態を保存して、起動時にそれをそのまま使用するというもののようです。

従って、調子が悪い場合は、シャットダウンして、起動しても調子が悪い状態を使っているかもしれません。

どうも再起動は高速スタートアップを使っていないようですので、調子が悪い時は、再起動を使うとよいのかもしれません。

シャットダウンの時にShiftを押しながらシャットダウンを押すと、高速スタートアップを使用しないようです。

毎日起動時に変なエラーが出る・・・といった場合、これで治るかもしれません。

 

 

パソコンで更新したほうが良い自動更新は?

パソコンの自動更新がいっぱい来るけど、どれを更新していいのかわからない・・・・ということがあります。

アップデートしたほうが良いのは、普通は下の4点くらいでしょうか

1.WindowsUpdate Windows10になって、よく更新されている気がします。更新が来ると、Windowsの動きが不安定になることがあります。いつもと違う動きをした場合、再起動してみてください。

2.Java これは、インターネットを使っていて、いろいろなプログラムで使われていることがあります。

3.Adobe FlushPlayer(動画を見るときに使うもの)とReader(pdfを見るときに使うもの)が来ることがあります。

4.各メーカーの更新 それぞれのメーカでサポートしているソフトの更新情報が来ることがあります。

お使いのパソコンの状況はいかがでしょうか?

ヘルシー食品、健康管理食をお届け。 今だけお得なお試しセットをご用意。
ニチレイだから安心の品質 ・ 管理栄養士に栄養相談可能

最近ネットがつながらないという電話をよくいただきます

最近ネットがつながらないという連絡をよくいただきます。

ルーターの不具合など従来通りのトラブルもありますが、何が原因なのかよくわかりませんが、起動したまましばらくして、再起動するとつながるということもあります。

あまりパソコンを使わない方は、使うときだけ電源を入れて使って、

使い終わるとすぐ電源を切るということが多いようですが、

できれば週1回くらいは、電源を入れて画面が出たまま、数時間放置しておいてから、電源を切ってみてください。更新しきれなかったWindowsUpdateが動きだしたりします。

それと、経験則だけですが、Windows10で電源を入れてすぐの場合、パソコンが何やら仕事をしているようです。ハードディスクの使用量が100%が2-30分続くことがあります。このようなときは、パソコンを使っても遅いです。

できれば、起動して30分くらいしてから使っていただけると藩王が良いかと思います。

 

 

131種類の野菜・果物・植物をまるごと凝縮!
日本盛 植物生まれの酵素

古いWindowsを使うという選択もありです

今年の夏までのマイクロソフトのWindows10攻撃でWindows10に変えた(なってしまった)パソコンンも多いのではないでしょうか。

マイクロソフトではWindows7とWindows8.1(8は既に2016年1月にサポートが切れています。)を亡き者にしようとしているように見えます。

が、国産のカスタマイズされたパソコンは、Windows10に耐えられないものも多くあります。

メーカー独自のサポートアプリが動かないなど、問題がある場合はふるいWindows  を使ったほうが安定する場合もあります。

もちろんサポート期間は古いWindows のほうが早く終了します(WindowsVistaは2017年4月11日まで、Windows7は2020年1月14日、Windows8.1は2023年1月10日、Widnwos10ha2025年10月14日)が、安定して使うというのもよいのではないでしょうか。

古いWindowsに戻すためのリカバリーはメーカーや機種によって異なります。また、Windows10に上げてしまった場合、うまく戻せないものもあります。また一度Windows10に上げたものは再度10に上げることも可能なようです。

今さらですが、リカバリーディスクの作成をお勧めします。

メーカーから購入することもできますが、自分で作ったほうが安く済みます。

定期的なバックアップもデータの保存には有効です。

Vistaが遅いとき

Vistaを使っていて、CPUが100%になって動きが悪いことがあります。

どうも、WindowsUpdate を開いて、設定の変更 - 更新プログラムを確認しない (推奨されません) に設定変更する。

にすると、CPU100%を回避できるようです。

設定変更後、再起動してくださいね。

 

 



iTuneの移行

MacからWindowsにパソコンを変更した場合、

MacのitunesホルダーをそのままUSBメモリーにコピーして、

Windows側では、iTunesインストール後に

ミュージックホルダーのiTunesホルダーをリネーム(iTnesxxxなど・・)して、

その場所にそのままUSBメモリーのiTUnesホルダーをコピーします。

購入した音楽などは、アップルIDで承認すると使えるようになります。



無制限の携帯Wi-Fi

ポケットWi-Fiはいろいろ出ています。

機器単体では、1万円前後。

格安SIMを使うと 月額千円未満で持つことができます。

ただしほとんどの場合、容量制限があります。

現在、手続きなしで容量制限なしで使えるのは WiMAXのみと思います。

ただ、電波ですので、入りにくいところもあります。

借りて試すこともできますので、一度検討してみてはいかがでしょうか?



JCOMさんのブログ、ホームページ機能廃止によるデータ移行

JCOMさんのブログサービスとホームページサービスが終了するそうです。お客様でこのサービスを使われている方の、終了準備をしました。

今回、ホームページデータはバックアップして、ブログデータはパソコンに落としました。

ホームページデータはFTPでそのまま取っていますので、パソコン内でも近いイメージで見ることができます。

ブログは、今回アメブロに移行することになりました。

少し慣れるまで、疑問点をためておいて、時々通っていただくことになりました。

自分で感じた情報、自分の過去の記憶を残すことは重要なことなんじゃないかと思います。一方的な情報のみが残るのではなく、多方面の意見の情報を残すことができる今日この頃、十分活用していただければと思います。