ノートパソコンのバッテリー

ノートパソコンのバッテリーは

使い切っていから充電したほうが良い とか

常時充電したほうが良い とか

いろいろ言われています。

 

パナソニックのように、充電をコントロールしている機種は、常時充電していてもコントロールしてくれているようですので、そのままでよいかなと思います。

放電深度という言葉で調査すると、

浅い放電で充電したほうが、充電回数が多く使えるという調査があるようです。ただ、浅い放電で充電するということは使った量が少なくなりますので、結果としては50%くらいで充電するのが一番量が多く使えるようです。

逆に充電を80%でやめると、バッテリー寿命は1.5倍になるという説もあります。

じゃあ、80%まで充電して50%まで使うのが一番いいのかもしれませんが、

これが絶対というのはなかなか書かれていないように思います。

心労にならないように、一番使いやすい使い方でお使いください。

 

参考

http://batterybank.jp/glossary/ha/dod.php

リチウムイオン電池の効率的な使い方

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO90353050Q5A810C1000000

 



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.