新聞が減っている・・・

新聞が減っているという話を聞いたので、

実際の状況を見てみた。

日本新聞協会発なので、それなりに正しい数字と思う。(実際には、販売店までは届いているが、収入に直結していない新聞も含まれていたりして、もっと部数は少ないと思う。)

1世帯当たりの部数が2008年を境に1.0を割っている。

どこにも書いてないが、企業、ホテルなどの部数を含めると実際にはもっと早く1.0を割っているのかもしれない。

ちなみにiPhoneが最初に発売されたのも2008年、

Androidのスマートフォンが世界的に出始めたのも2008年

Windowsで見てみると、Vistaが出たのが2007年、Windows7が出たのが2009年

こっちのほうが影響が大きいかもしれないが、リーマンブラザーズが破綻したのも2008年・・・

 

このあたりが個人の情報化社会の時代の転換期だったのかもしれない。

個人や会社の価値観もこのあたりから微妙に変わりだしたのかもしれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.