rapiro単体でWiiリモコンで動くようになりました。

先週まではWiiリモコンで動かす際に、一度、リモートデスクトップからラズベリーパイに入って、コンソール画面からPythonを起動させる必要がありました。

今回、RaspberryPiの rc.local に組み込むことで、ラピロの電源を入れるだけで、Wiiリモコンと接続できるようになりました。

ポイントは、

1.ラピロのWiiリモコン起動時に、目の色を変えて準備ができたことを知らせること

2.目の色を変えた後、1秒待つのを5秒にして、人間の対応時間を遅らせたこと

です。

とりあえずつながって、ラピロはただのおもちゃと同じ完成度になりました。手がかからなくなって、ちょっと寂しいような、うれしいような。。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.